忍者ブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

がん克服



井上俊彦先生のメディカル・イーティング(ガン篇)~癌克服への挑戦~を紹介します。

数々のガン患者を完治させてきた食養理論なのですが、「ガンは難しいもの」決して無理にお勧めしたりはしません。

(西洋医学の治療以外は選びにくいという人も中にはいるかもしれません。)

もしピンときたり、食養理論、東洋医学的アプローチに興味をもたれた方は詳細ページを見てみてください。

全額返金保証や面談、セミナー、電話サポートなどで先生の本気度が伝わってくると思います。



メディカル・イーティングの詳細はここをクリック>>

【メディカル・イーティングに寄せられた感想を紹介】


私の主人は、C型肝炎のウイルス持ちです。原因は不明確ですが、
戦後の子供の頃、ツベルクリンやBCGの注射器の使い回しが原因だろうと
本人は言っています。


若い頃から疲れやすい体質ではありましたが、それでも普通の人と
変わらぬ生活を送ってきました。

しかし、お酒が好物で食事はしなくても毎日飲みたい人です。
それが災いしたのか、とある日から食欲がなくなり、足が少しむくんだり
乳房がふくらむようになり、肌も黄色っぽくなっていました。

それは私や娘が見ても明らかで、主人も自覚していました。
このままでは悪化する一方だと考え、私は主人と病院へ向かいました。


検査の結果、肝系のGOT、GPT、AL-P、γGT等の数値が全て悪く、
肝臓ガンの可能性が大きいと言われたのです。

後日、AFPやPIVKA-11などの検査も受けましたが、両方とも陽性で、
腹部超音波やCT,MRの検査でも悪い状態に推移していると告げられ、
手術、制がん剤等の治療を受けました。


治療中の主人を見て、正直もう手遅れなのではないかと悲観し、
ただただ主人のサポートをすることしかできませんでした。

そんな時、知人から糖尿病を患った際にお世話になり、
様々な病を治癒させている先生がいらっしゃると聞き、少しでも主人のために
なればと思い、井上先生とお会いする機会をいただきました。


「まずは、3ヵ月間続けてみてください」と、3ヵ月分のメニュー表をいただき、
最初は慣れない食事に主人も抵抗していましたが、
私と娘も主人と同じ食事に替え、家族全員で同じ目標に向かって
メディカル・イーティングを続けました。


その後、少しずつ回復の兆しが見えはじめ、10ヵ月ほどで数値が改善され、
普段から飲む水もお勧めいただいたものに替えたせいか、
なんとC型肝炎も治ってしまったのです。
今考えてみても不思議ですが、ガン細胞とC型肝炎ウイルスを
一緒に消してしまったのです。


この思い掛けない二重の喜びに家族全員で喜び、
また主人と人生を楽しめることに本当に感謝しております。

井上先生の活動は、病で苦しんでいらっしゃる方に希望を与える素晴らしいものです。
多くの方がこの療法を知り、明るい未来を歩まれることを切に願っております。




メディカル・イーティングの詳細はここをクリック>>


レントゲンの検査後、医者から「肺に影があるようだ」と言われ、そのまま別の検査もすることになりました。

これはもしや、、、と、嫌な予感が頭をよぎりましたが、悪い予感は的中するものです。
SCCの数値が2.5で、SLXの数値が45以上あり、間違いなく肺ガンであると宣告されたのはそれから間もなくのことでした。


当然、長年に渡り吸い続けてきたタバコもすぐにやめるよう指導され、
すぐに通院生活を始めました。

通院を繰り返していく中で、私と同じ肺ガンを患った方と知り合ったのですが、
その方から、治療の一環で食事療法を取り入れてから徐々に回復してきているという話を聞き、
井上先生をご紹介いただくことができたのは不幸中の幸いだったかもしれません。


早速、井上先生にご相談すると、通院はもちろん続けながら食事療法も並行してやってみましょうということになりました。

それからは、先生の食事療法を徹底するため、
冷蔵庫の中の食材、調味料に至るまで全て勧めていただいたものに入れ替え、家族の協力のもと徹底して食事を変えました。


食事療法を取り入れてから3ヵ月ほどでだいぶ身体が楽になり、
病院の検査でもSCC・SLXの数値も改善され始めたと言われるようになりました。
さらに5ヵ月目の検査では、SCCが1.4、SLXが35まで低下。

その頃には医者からも「レントゲンの影も全く見えなくなり、治ったらしい」と言われ、
本当に死の淵から戻ってきたような気になりました。


しかし、再発の危険は充分にあるとのことで、その後も油断しないように、
今でも同じような食事を心がけています。

お陰様で今のところ再発の兆候もなく体調もどんどん上向いて、仕事にも復帰できています。


井上先生をはじめ、私の闘病生活を支えてくれた家族と会社へ感謝の気持ちでいっぱいです。
先生もお体には、くれぐれも気をつけてお過ごしください。
今後のご活躍ご発展を心より祈念申し上げます。



メディカル・イーティングの詳細はここをクリック>>

白血病の食事療法51
肝臓がんの食事47
胃がん術後の食事療法13
PR
直腸がんの食事療法|メディカルイーティングとは?
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリー
フリーエリア
最新CM
最新TB
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アーカイブ
P R
忍者ブログ [PR]